SONTONトンちゃん広場

SONTONトンちゃん紹介

Fカップのご紹介

ピーナッツクリーム物語

1952年(昭和27年)、その頃、ピーナッツバターを甘くして子供向け製品を作ろうと、試作が繰り返し行われていました。ある日当時の社長、石川郁二郎がひとつの試作品を見せられ驚きました。それは今までのものと比べて色はずっと白く、口に入れてみると舌ざわりは極めて滑らか、そしてピーナッツの香ばしい香りが口に広がりました。その上品な味に社長は思わず、開発の担当者、辻勇次郎に「辻はん、これはいけるよ」と大声をあげました。これが、その後のソントン発展の礎となったピーナッツクリームの誕生です。

ピーナッツクリーム

《ピークリーム》

ピークリーム

学校給食用に製造され、三角袋ともよばれた

《ピーナットミルククリーム》

ピーナットミルククリーム

パン屋さんのコッペサンドに使われ好評になった